サイト内検索
 
 
民主党サイトへ
思いやりの国・日本
 
TOP > つれづれ日記
つれづれ日記
バックナンバーはこちらへ バックナンバーはこちら
 
民主党代表選挙について
2011年8月29日(月)
朝、平岡秀夫議員(リベラルの会所属)の立候補を支持した数人の仲間が民主党代表選挙の会場となったホテルの一室に集まった。彼の立候補が実現しなかった中、出来るだけの選択をするための意見交換と情報交換であった。
私自身はここ数日随分悩んでいた。政策的に近い海江田経産大臣を支援するかどうか悩み、陣営とも政策のすり合わせ(特に脱原発について)を行ったが、最終的な納得には至らなかった。海江田大臣に最後まで立候補への迷いがあったように見え、さらには子ども手当等の見直しを約束した「三党合意を見直す」という方針については、党内から反発が強く出てくる上、党の意思決定のあり方として他党との信義を損ねると考え、どうしても支持判断にはならなかった。その中、私自身は、今まで外交政策で最もぶつかり、数年前にはその外交政策に異論を唱える論文を発表した関係ではあったが、一回目は前原さんに投票すると発言した。随分、仲間は驚いたが、東日本震災からの復旧・復興をはじめとして多くの課題を抱える現況で、総選挙を経ない中での選出なのであるから、国民の皆さんの声を聞くべきであり、世論調査で最も支持の高い前原氏を中心に党の再生を図り、野党に対応して行くべきだというのが私の考えであった。この間の私自身の政策的スタンスからすると、本当に考えに考え抜いた選択であった。そして二回目の投票は、海江田さんの一位が予想される中、二位になった人と決めた。これは、先の支持判断に至らなかった経緯に加え、海江田大臣が立候補に至る経緯の中で、小沢一郎元代表のグループ票に頼り過ぎているという印象を受けたからである。もちろん、そうではないかもしれないのであり、結果の出せる体制を組めるかもしれないとも思った。本当に悩みに悩んだ末の苦渋の結論であった。
選挙の結果はご承知のとおりである。個々の所属議員は随分神経をすり減らしたと思うし、会場のどこかしこで、代表選は大変だという声が聞こえてきた。もちろん、我々が代表を選ぶということは、総理を選ぶということであり、大きな責任を担っていることであり、厳しく真摯に取り組まなくてはならない。
なお、投票後、誰に投票したのかを言わない議員もおられるが、前に書いた理由のように、国のリーダーである総理を選ぶ選挙なのであるから、私は国民の皆さんに対する責任として、表明しなくてはならないと思った。もちろん、そのことで、時にハレーションを生むことはある。しかし、我々政治家は自らの行動に責任を持たなくてはならないはずである。
 
政治家は襟を正し進んで行かなくてはならない
2011年8月26日(金)
夜、菅首相が退陣会見を行った。それに先立つ午後二時には民主党の両院議員総会で退陣表明をされ、私も現場にいた。いろいろと批判もあったが、最後には重要な仕事をされたと思う。私自身も、この菅内閣で環境副大臣という仕事を務めた。3月11日に発災した「東日本大震災」は、言葉では表せない大きな被害をもたらし、今なお多くの方が困難な状況に直面しておられる。菅首相も無念の退陣であるし、この時期の総理の交代は国民の皆さんに本当に申し訳ない。政治家は襟を正し、しっかりと被災された皆さんに寄り添い、この国難に向かっていかなくてはならない。おりしも、今日の国会で福島第一原発事故による放射性物質に汚染された廃棄物や土壌を国が処理する「放射性物質環境汚染対処特別措置法」が成立した。今まで、「原発事故という『万一』はない。だから原子力発電所の外に放射性物質は出ない」ということで、放射性物質に係ることは「環境行政」から外されてきた。それが、やっと前進したのである。ただ、あくまで、今回の事故に対応しての「特別措置法」であり、現政権で積み残された課題として、これからの新政権が「原子力安全庁の設置」「再生可能エネルギーの積極導入とエネルギー基本計画の見直し」等とともにしっかりと取り組まなくてはならないことである。なお、いよいよ代表選挙が告示された。残念ながら、同じ政策勉強会「リベラルの会」の仲間である平岡秀夫衆院議員は、推薦人20人が確保できず、立候補を表明できなかった。これからの日本をどうしていくべきか、これまで議論してきたことを平岡氏の立候補を通じて党の中に、また世に向けて問いかけたかっただけに本当に残念である。今後は、我々が目指してきた政策を実現する首相となる候補者を仲間とともに推して行きたい。出来得る限り速やかに、スムーズに「内閣」と「党執行部」は移行しなくてはならない。
 
代表選挙に平岡議員が手を挙げる
2011年8月19日(金)
朝、「リベラルの会」の意見交換会。テーマは「党代表選」についてであった。この中で平岡秀夫衆議院議員が立候補の意欲を表明した。
来週早々、あらためて本人の政策や党運営の考え方を聞く時間を持つこととする。私を含め、何人かから「この時期にきちんと党所属の議員にはもちろん、世に向けて日本の進むべき方向を示す政策を問うことは重要だ」という声が出た。もちろん、慎重な意見も少なくなく、既に他の候補者の推薦を決めている人もいた。「リベラルの会」は、代表選挙ごとに「自前の候補者をだすか」「会が一致して特定の候補者を推すか」「推すのなら、だれを推すのか」で議論となってきた。そして、最後は、さまざまな理由から、それぞれの議員の判断に任せる「自主投票」ということできた。
しかし、鳩山さん、菅さん、小沢さんら三人の主役からある意味で卒業していく意味も持ち、さらには「東日本大震災」という未曽有の災害を受けて、この日本の舵をどう切っていくか世に問わなくてはならないこの代表選で、「リベラルの会」が培ってきた政策をしっかりと訴えることが私は大切だと思っている。その意味で、即座に平岡さんの支持を表明し、彼を支える行動をとることとした。
「リベラルの会」の結成が2004年の8月。彼との付き合いは、ここ7、8年になる。出会った当初は「東大出身、財務省にトップクラスの成績で入省した」彼を、付き合いにくい人だと思った。また、自らの考えを強く主張し、人の話を途中でさえぎるような態度を嫌だなと思ったこともある。しかし、自らの信念を曲げず、ち密に考えを練り上げ、着実に行動する彼のような政治家は重要だと思う。もちろん、よく付き合ってみると、意外なやさしさにも気づく。大臣経験がなく、全国的には知名度の高くない、まして特定のグループを持たない彼が、20名の推薦人を集めるのは大変である。しかし、各候補者が大きな流れの中でのみ原発を語り、きちんと「脱原発」を表明しない状況で、彼は貴重な存在であり、政策ではない要素で代表選挙が左右される状況から脱却しなければ、民主党は国民から見放されると思う。
なお、今日は、久しぶりに官邸で菅首相と話をした。首相が最後にひいた政策の方向性を党が継承していくことが大切と思う。また、夕刻は連合愛知の会長はじめ数人の役員と政策意見交換会をもった。長い一日であった。

 
特別な思いの一日
2011年8月15日(月)
66回目の終戦記念日である。また、地域や宗派によって明日のところもあるようだが、お盆の最終日である。ここのところ、なかなか名古屋に戻れる機会がなく、今日やっと、父方の近藤家と母方の森田家の墓参りをする。今年は東日本の大震災があったことが私の心に強く突き刺さっているからか、例年以上に亡くなった先祖を迎え送る「盆」に、特別の重みを感じる。また、森田家の墓のある内海の寺には、私が生まれる前に戦争で亡くなった叔父が眠るが、ちょうど8月15日だということもあり、ここでも格別の思いをもった。「日本は、この東日本大震災の危機を何としても乗り越えなくてはならない」。今日は本当に特別な思いを感じたのであるが、その理由はさらに一つある。それは、今朝の閣議で「原子力安全庁を環境省の外局として設置する」ことが決定されたのである。野党時代、特に東海村のJCOの事故が起きた頃、何回も「原子力推進をする部署と規制をする部署が同じ経済産業省にあることはおかしい」と言ってきた。その意味で、今回の決定は歓迎したいのであるが、なぜ原子力災害対策特措法もそうであったように、この決定も事故が起きてからなのかと思うのである。日本は、本当に変わらなくてはならない。戦争によって未来への夢を絶たれた人たちのことを思いながら「頑張らねばならない」と思うのである。なお、夕刻には、恒例の「民間戦没者慰霊祭」を熱田の宮の渡しで行う。今年も、杉山千佐子・全国戦災傷害者連絡会会長も顔を出し、あいさつをされた。まもなく96歳である。
 
2011年8月14日(日)
久しぶりの地元である。昼には母校・千種高校の同窓会総会に出席し、その後、市の公会堂を訪れる。同所で開催中の「あいち・平和のための戦争展」をのぞくとともに、合わせて開かれた講演会の講師として招かれた伊波洋一・元宜野湾市長に会うためであった。沖縄へのオスプレイ配備に関して意見交換をしたが、先の予算委員会において指摘された同型機のオートローテーション機能に欠陥について同氏も強く問題視をされた。
 
東日本の復興に向けて、陸中海岸国立公園北部地域を視察
2011年8月13日(土)
朝一番に、前回(5月16日)も訪れた浄土ヶ浜を訪問した。今回は、以前には被災の影響で閉館していた同地のビジターセンターも訪れることができた。ここでは、浄土ヶ浜だけではなく、近くの海岸の魅力を映像などによって効果的に紹介しており、復興国立公園として整備された際には、良い拠点となるであろう。もちろん、今回の震災による津波のこともきちんと紹介しなくてはならない。同センターでは既に、過去にこの地域を襲った津波については的確に紹介しており、防災の観点も持った施設である。また、ここでは宮古市の山口副市長さんとお目にかかり意見交換をすることができた。副市長さんと共にビジターセンターを見て回るほか、副市長さんの案内で被害の大きかった田老地区を視察する。復興に向けて解決しなくてはならない課題は多いが、副市長さんの語りは力強く、威厳にあふれていた。環境省としても、しっかりと支援していきたい。田老地区では山王岩も視察したが、ここの岩も雄大であり、自然環境を糧とした観光資源は豊富にあるように感じた。副市長さんと別れて北上し、北山崎園地を視察する。途中、次の場所まで車中から、譜代浜、明土浜、机浜などを視察する。午後は青森まで足を延ばし、地元の田名部匡代議員とともに、種差海岸、蕪島を視察する。ここではテレビ、新聞の取材も入った。同海岸は県立公園であるが、国に対して国立公園としての指定と整備を要望しておられ、東北地方の復興に向けて、積極的に動いておられる。地元のマスコミにも答えたが、宮城、岩手に広がる陸中海岸国立公園とともに一体的に整備することによって、海岸遊歩道の良い玄関口になるのではないかと個人的には思った。歩いていて気持ちの良いところである。最後に訪れた蕪島には有名なかもめの繁殖する蕪嶋神社もある。季節の折々に、訪れる人を楽しませてくれると思う。夕刻の新幹線で戻ったが、行きの帰省ラッシュ(40分ほどホームに並んでやっと座れた)とは異なり、割とすいていて、ゆったりと戻ることができた。復旧・復興に向けて同時に進めていかなくてはならない課題が山積している。しっかりと頑張っていく覚悟である。なお、昨晩泊まった国民休暇村には、各地からの警察官の人たちも宿泊しておられた。全国から被災地の安全確保のために派遣されている。心から関係者に感謝したい。
 
「原子力安全庁」を環境省に設置
2011年8月12日(金)
環境省で、世界経済フォーラム(あのダボス会議の主宰団体)の土屋日本代表と面談する。9月中旬に中国大連で開催される「アジア・ダボス会議」への招聘をいただいており、その事前打ち合わせであった。今回は、アジアの環境、エネルギー問題を主要なテーマとしている。
なお、午後の民主党内の会議で、経産省原子力安全・保安院と内閣府原子力安全委員会を統合して「原子力安全庁」(仮称)を新設し、環境省の外局とすることを決定した模様である。来週月曜日の閣議で決定されると聞く。内閣府に置くか環境省に置くかで、この一週間議論されてきたが、細野原発担当相の強い意向もあり、しがらみのなく独立性の強い「環境省」に落ち着いたようだ。
午後の新幹線で、盛岡へ。三週連続で被災地に入るが、今回は環境省が復興計画の中で提案している「三陸復興国立公園」のための視察である。

 
環境関連の法案で大きな成果
2011年8月11日(木)
放射能汚染に関する対策の特別措置法を議員立法で準備しているが、その調整が佳境に入ってきた。来週中には「アスベスト健康被害の救済申請期間の延長」に係る法案とともに、委員長提案で衆院を通過する予定である。あの「再生可能エネルギー促進法」も何とか、前に向いて進んでいける形で成立しそうであり、延長国会の中で環境関連法案は相応の成果を挙げつつあると思う。夜、BSフジテレビの「プライムニュース」に尾瀬国立公園のことで生出演した。

 
先週末の12市町村長との意見交換会を受けて
2011年8月10日(水)
先週末の12市町村長との意見交換会を受けて
午後、観光立国推進本部外客誘致WTに出席し、国立公園における外国人観光客の来日状況や、こうした観光客のため環境省が行っている多言語表記などの施策を報告する。夕方には、災害廃棄物安全評価検討会に出席した。同検討会では、放射性物質に汚染された廃棄物を焼却処分する際に出る焼却灰について、濃度が国の基準値を超えた場合の処理・処分の方法が提案された。正式には27日に開催される次回の検討会で最終決定し、自治体などに通知する予定である。これは、先週末の12市町村長の皆さんとの意見交換会で強く出された要望であり、私の方から前もって検討会に要請させていただいていた。この間にも委員の皆さんは休みを返上し、実証実験を実施したり、検討会に参加いただいてきた。そのご苦労に感謝したい。その後、中根県連代表とともに枝野官房長官を訪れ、別件とともに、「円高対策の果断なる実行」の要請をする。

 
2011年8月9日(火)
長崎に原爆が投下された日である。いよいよ、今週は「再生可能エネルギー促進法」の衆議院における審議が佳境に入る。これからの日本にとって、鍵となる重要な法案である。

 
2011年8月8日(月)
夕刻、スウエーデンのエネルギー庁長官と面談し、いかに同国が、CO2の排出削減を実現しつつ、GDPを増やしたかについて、また、再生可能エネルギーをいかに導入していったかについての重要な話を聞かせていただいた。
 
二週連続で福島へ
2011年8月6日(土)
早朝の新幹線で福島県の郡山市へ。二週連続の福島入りであるが、今回は細野原発担当大臣や田嶋原子力災害現地対策本部長も参加する「12市町村長との意見交換会」に、環境省の立場で参加するためであった。この関連地域の住民のみなさんの安心安全のためには、放射性物質にって汚染された廃棄物の処理と汚染地域の除染が最重要課題である。この点において厳しい指摘も受けたが、環境省はしっかりと役割を果たしていきたいと思っている。なお、今日は広島に原爆の投下された日である。あらためて、犠牲になられた方々のことを思い、平和な世界への決意を固めた。

 
エネルギー問題、時代の転換
2011年8月5日(金)
エネルギー問題に関連して二つの会社を訪問した。一つは、岐阜県美濃加茂市にあるヤマザキマザックオプトニクス株式会社のフェニックス研究所である。同社は、精密部品の組み立てのためのクリーン化を第一の目的として、工場の地下化を実現した。そして、同時に地熱(正確には土中の安定した温度=夏は外気温より低く、冬は逆に暖かい)を利用した空調により、その空調に係る費用を10分の1にすることに成功したのである。これは、資源の少ない我が国における、今後の需要抑制(供給力増加ではなく)の方向性に合致する。
また、もう一社は、名古屋市瑞穂区にある日本ガイシ株式会社であり、同社は大容量の電気を蓄えるのに適するNAS電池(ナトリウム硫黄電池)を世界で唯一商用化している。こちらの考え方は、使用電力の少ない夜間に電力を蓄え、昼間のピーク時に使用する。そのことによって、ピーク時の消費電力に合わせた過大な供給能力を持たなくてもよいことになる。いずれにせよ、電力不足が危惧される現在、こうした需要の低減とピークカットが重要と考える。電力をどんどん使用し、それに合わせて発電能力を増やしてく時代からの転換が求められている。
 
このページの最初へ戻る
戻る