HOME ブログ 日中友好議員連盟として訪中
ブログ

日中友好議員連盟として訪中

2016.05.06

13119018_1693851664165019_6383790630862671328_n

今回、超党派日中友好議員連盟のメンバーとして、自民党の高村副総裁らと、北京を4日~6日という日程で訪れました。ここ数年、ゴールデンウイークの休みを利用して来ています。
5日は、中国国家副首席の李源朝さんとの会談も行いました(テレビ、新聞でも一部報道されていました)。
意見の相違はあっても、しっかりと話し合いをもって解決に当たろう。平和という同じ方向に向かっていこうと話し合いました。
日中間の貿易高は、日米のそれの三倍です。かって、自民党の宇都宮徳馬先生らが指摘されたように、日本の安全と発展は中国とどういう関係を構築していくかに、大きなポイントがあると改めて思います。

6日、中国のシリコンバレーといわれる中関村を視察しました。以前から一度来たいと思っていたところです。
かって1980年代初頭、北京に留学していた頃、ここは何もない畑のようなところだったと記憶しています。それが、電子機器を販売する秋葉原のようなところとなり、その後、国の政策でIT関連開発企業の一大集積地になりました。
今日は特に日本との取引の多い企業でつくる北京アウトソーシング企業協会を尋ねました。会員の一社を見学の後、メンバーの皆さんと懇談しました。
同協会の理事長さんがおっしゃったことで特に興味深く思ったのは、中国でも生活が豊かになるとともに、若い人がハングリー精神を失いかけているということ。
中国ではビジネスが政治によって翻弄され 、影響が出ることも多い(最近は以前ほどではなく、ビジネスはビジネスという風になってきたそうですが)ということへの懸念を言及されていました。
午後は、駐中国日本大使館にて、日本企業の皆さんと懇談しました。
中国におけるビジネスの難しさ、とりわけ、官との関係の難しさと、その中で頑張る日本企業の技術面での強さなど、貴重なお話を聞かせていただきました。
日本経済の発展に寄与できるバックアップを政治の側からも行いたいです。

13096080_1693852287498290_521232877006425691_n