HOME ブログ 1882回目となる街頭活動を有松駅で行いました
ブログ

1882回目となる街頭活動を有松駅で行いました

2016.07.22

朝、1882回目となる街頭活動を有松駅で行いました。
参院選挙後は、憲法問題に関わって平和問題について話すことが多いです。去年夏、戦争法案に反対する国会前行動に参加した鳥越俊太郎さんが「安倍政権の下で、日本がテロに襲われる危険性が高まっている」と発言していたことを思い出します。
外務省が「日本もISの攻撃対象」であるとの認識を、21日の自民党外交部会で示しました。
南スーダンの情勢もいよいよ切迫していますが、同国は元々、国際的に評価の高い研究所では世界で最も危険な国の一つとしてランキングされ、日本以外の国際報道では内戦或いは内戦に近い状態の国として数年前から広く報道され、懸念されていました。
日本政府の対応を注視しています。