HOME ブログ 国民の声に耳をふさぐべきではない
ブログ

国民の声に耳をふさぐべきではない

2014.08.29

朝、CBCラジオ「国会ふるさと便」の録音。9月13日(土)早朝5時から放送予定である。テーマは集団的自衛権ほかである。午後、鹿児島へ。同県第1区総支部の大会に出席し挨拶。川内博史前衆議院議員はまだ正式の支部長になっていない。彼のようなタイプの政治家が必要だと強く思う。
昨日、自民党はヘイトスピーチ(憎悪表現)を規制するプロジェクトチームを立ち上げたが、その会合で、国会周辺の大音量のデモ活動の規制強化の検討も始めるようだとの報道。別々に検討すべき問題を一緒にすることの意味を疑う。市民の皆さんのあらゆる声に耳をしっかり傾けなければならない。国会周辺での行き過ぎた規制は、民主主義と表現の自由のあり方にかかわる問題点を思う。市民による原発再稼働や集団的自衛権の行使容認、特定秘密保護法への反対の声を聞きたくないという政権の意向の表れであろう。