HOME ブログ 沖縄等米軍基地問題議員懇談会有志で辺野古へ
ブログ

沖縄等米軍基地問題議員懇談会有志で辺野古へ

2014.08.21

朝一番の飛行機で沖縄へ。今回の視察は超党派の沖縄等米軍基地問題議員懇談会の有志による。那覇空港で集合し、米軍新基地建設に向けて海底ボーリング調査が強行されている名護市辺野古を視察。権利に基づき抗議活動をしている市民に対する海上保安庁の威圧的な行動にびっくりした。既にボーリング調査用台船支柱を立てるというヤマ場的作業を終えているためと、我々が国会議員だからということがあるからだろうか、平素よりずっと抑制的な行動だったと地元の人たちは言う。ピーク時には沖合に10数隻の海上保安庁の巡視船がいたというし、グレーの塗装で双発のエンジンを付けた海上保安庁のゴムボート(といっても、かなり強固なもので、通常のゴムボートでは全くない)に併走される(抗議行動をしている人たちは取り囲まれるという)とは、政府の進める方針に抗議をする権利を今まで以上に強力に押さえつけている。我々の来訪がそうしたことの抑制に少しでもつながればと思う。
その後、キャンプ・シュワブ基地ゲート前で座り込みをする人たちを激励する。夜は、地元連合沖縄関係者や、地元選出自治体議員と意見交換する。