HOME ブログ 平和創造基本法案骨子を発表
ブログ

平和創造基本法案骨子を発表

2014.08.15

69回目の終戦記念日である。朝の新幹線で東京へ向かう。打ち合わせの後、千鳥ヶ淵戦没者墓苑で開催された「戦争犠牲者追悼、平和を誓う8・15集会」に出席し献花を行う。
その後、国会内で「立憲フォーラム」として記者会見し、「平和創造基本案(仮称)」の骨子を発表する。あの戦争の多くの犠牲の上に日本国憲法は成立し、国連憲章も平和への協調と共存をうたった。残念ながら、東西冷戦のため、その求める理念は大きな壁をぶつかったが、日本国は憲法九条によって、かろうじてその理想を追求してきた。しかしながら、その理想を放棄し、戦後維持してきた「集団的自衛権は行使できない」という憲法解釈を安倍政権は閣議決定で容認し、再び世界を敵味方に分け、武力による威圧による緊張の関係に持っていこうとしている。これは全く国民の皆さんの望んでいることとは真逆のことであり、看過することはできない。そこで、私たちは、日本国憲法の平和主義をきちんと具現化するための法案、武力ではなくお互いの公正と信義に基づく平和な世界づくりを実現するための法案を提案した。国民の皆さんの声を聞き、一緒につくっていく覚悟である。多くの声を聞かせていただき、多くの議員と議論し、平和な世界を作るため、立法化したい。