HOME ブログ 真の環境博
ブログ

真の環境博

2000.07.23

愛知万博検討会議が最終局面を迎えるということで、途中からではあったが傍聴に出かけた。
万博の是非は色々あるし、私自身は、「真の環境博に出来れば」という「条件付慎重推進派」であったから、今回の一連の万博をめぐる動きは、いい傾向だと思ってきた。一見、混乱し、ある種地元は冷めてるようにうつるのかも知れないが、あの検討会議の熱心な論議、そして市民の代表も参加して丸テーブル、インターネットライブという今までにない方式に取り組んだ姿勢は、評価されていると思う。まさしく民主主義は少々時間がかかるが、きちんとこうしたことをしていくのが、これからのやり方だと思った。地元は、立場を乗り越えて、「真の環境博」で世界にアピールしていこうという熱気にあふれ出していると思う。